自分を知ることがキャリアの第一歩

将来のキャリアプランを立てるためには、数年後や数十年後に何をしているのかを予想する必要があります。しかし、十年や二十年後に自身がどのようになっているのか、予測は難しいです。
女性は結婚などの大きな生活の変化により、仕事も変わる可能性があります。キャリアのプランニングが難しい中でその手掛かりとなるのが、何を目標として仕事をしているかを明確にすることです。
仕事に従事する上で、一番重視するものが何かをはっきりと理解できていれば、目指すべき道が見えてきます。

多くの女性にとって、高収入は優先すべき大きな目標でしょう。収入は多い方が働く意欲が出てきます。
しかし、中には収入ばかりが最優先ではないという人も確かに居ます。仕事のことが本当に好きで興味があるため、収入は二の次といった判断をしている場合もあるのです。そのような人にとってのキャリアプランは、好きな仕事ができるかどうかが反映されていなければなりません。たとえ収入が大きくても、興味のない仕事は絶対にしたくないという女性もいます。

こうして、仕事を行う上で何が一番大切なのかを解き明かしていくうちに、自ずと選ぶべきキャリアプランがはっきりするでしょう。確かな実効性のあるプランを立てるには、なにより自身に向き合うことが大切です。自分のことをしっかりと理解し、何を求めているかを導き出すのが、正しいプランニングのテクニックです。もし仕事が希望通りのものでないなら、改めてキャリアプランを立て直すのも一つの手です。今後の業界の動向も踏まえ、将来を見据えてキャリアプランを立てることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です