まずは目の前の仕事を全力でこなす

女性は、結婚や出産などの不確定要素が多いため、キャリアプランを立てにくいと言われています。
実際にアンケートをとった際、自分の5年後のキャリアを明確にイメージしている人はわずか10%程という結果になったそうです。女性が多い企業の場合、そのような女性にどうキャリアプランを立てるように指導すれば良いのか、悩む管理職の人も多いものです。

もし、そのような状況になっているのであれば、キャリアプランが立てにくいことに理解を示すことが大切です。
誰からも理解されないという思いが、女性社員のやる気を阻害する原因にもなりかねません。そこで、そのような不安要素を抱えているということに理解を示すことで、安心感を与えることができるのです。
次に行うことは、目の前の業務へ真摯に取り組むことをすすめることです。先行きが見えないとしても、今取り組んでいることが確実に未来の役に立つことを知ってもらうのが重要なのです。

たとえ出産や子育てにより一時的に休業したとしても、ブランクを感じさせずに復帰するためにはスキルの積み重ねが大事です。そのためには、今の仕事に対してどれだけ真剣に取り組めるかがポイントとなるのです。自分に足りないものは何か、課題を見つけて取り組む姿勢が大切なのです。
その取り組みそのものが、大事なビジネススキルへとつながります。
スキルを磨いておくことで、例えば将来別の業界へ転職することがあっても、きっと役に立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です