多様性を受け入れる文化への変化

近年では、一般企業でも女性管理職の育成に力を入れるところが増えてきています。一方で、育児との仕事の並行はなかなか難しく、子育てとキャリアの狭間で揺れている女性は、実際のところかなり多いです。そういった女性は、今後どのようにキャリアプランを組んでいけばよいのでしょうか。

最近、育休を取る男性が話題になりました。母親として子育てをしながらキャリアを重ねていくためには、男性の育児参加は絶対不可欠です。
日本ではまだまだ女性が育児、家事、などの家事を担う風習が染みついています。しかし、ヨーロッパの育児事情を覗いてみると、家の仕事はきっちり夫婦で半分に分担されていました。また、父親が子供の学校への送り迎えなどをしている光景がよく見られます。
日本がこのようにならない背景には「男は外で仕事をするものだ」「女は家にいるものだ」という価値観に未だに縛られている人が多いためでしょう。
最近になって、ようやく男性が育児をすることや、女性が大黒柱となって稼ぐことも多くなりました。日本人の場合、こういった多様性を受け止める器が小さいことが問題となっているのです。

今後、育児の影響を受けることなくキャリアプランを立てるためには、会社が育児に対して真摯に取り組み、誰もがそういった多様性を受け入れられるよう促すことが重要でしょう。
「出る杭は打たれる」文化から、「出る杭をどこまで受け止められるか」文化への変化が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です