女性にとってのキャリアプランとは

ほとんどの会社では、入社時にキャリアプランを立てます。しかし、女性の場合はキャリアプランの立て方が難しいものです。
結婚や出産、そして子育てといったことにより休職する可能性があり、たとえ管理職として働いていても、同じポストにそのまま就いていることは難しいのです。

そこで、取り得る手段は2つあります。専門性の高いスキルを身に付けておくか、あるいはそのために必要な資格を取得することです。そうすることで、一度退職したとしても、そのままキャリアを活かした転職が可能となるのです。同じ職種で求人募集があれば、再就職も難しくないでしょう。特に、人件費を抑えたい企業では、非正規労働者を多く雇い、経験豊富な正社員は少なくなっていることが多いです。そのため、経験とスキルを持った人材を必要としています。

女性がキャリアプランを考える上では、そのような求人を探すことが効率的でしょう。再就職を考える上では、いかに上手くキャリアを積み重ねていくのかが課題となります。
そこで意識すべきなのは、まず一般的なビジネススキルを高めることと、業務における技能を高めることです。専門性を高めることによって人材としての希少価値が高まり、報酬面においても良い条件で転職が可能となります。
一般的なビジネススキルを高めることで、異業種への転職も視野に入れることができます。たとえ出産や子育てでブランクができたとしても、スムーズに再就職活動を行うことができます。そのような将来を見据えて、日常の業務においてスキルを磨くことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です